saku39.com
Diary
special
biography
goods
photo gallery
information
dot
archive
  • 091125 » SPECIAL.17
  • 090618 » SPECIAL.16
  • 090203 » SPECIAL.15
  • 080820 » SPECIAL.14
  • 080407 » SPECIAL.13
  • 080121 » SPECIAL.12
  • SPECIAL!!
      “桜庭和志と愉快な仲間達”で形成されるチーム桜畑。いよいよ目前に迫った9・17『HERO'S』(横浜アリーナ)では、このチーム桜畑からメンバー全員が出撃するということで、オープニングファイトで田村潔司率いる『U-File Camp』との対抗戦に臨む高橋渉、佐藤豪則両選手を、チーム桜畑がいつも練習に励んでいる都内・某ジムでキャッチ。インタビュー中、突然の大雨で外に置いてあるバイクが気になってしょうがない高橋&金髪&メガネルックがご自慢の佐藤両選手の素顔に迫ってみました。  
     
    収録日:2007年9月11日(火)
    構成:井上崇宏(THE PEHLWANS)
     
      
    インタビュー『直撃!! 桜畑の素敵な面々』
        
      「高校時代はみんなが敵でした」(高橋)

    ──今日は“次世代のヒーロー直撃!!”という企画なので、かならずヒーローになってくださいね(笑)。さきほど、インタビューの前に簡単なアンケートに記入をしてもらいましたが……、お二人ともめちゃくちゃ字が汚いですね(笑)。
    高橋 いえ、あんまり字を書く機会がないもんで……。
    ──二人とも桜庭さんの“庭”の字を華麗に走り書きしてますけど、これ、よく見ると“庭”じゃないですよ。ズバリ言って、“庭”って字を書けないんですか?(笑)。
    佐藤 い、いえ、ちょっとド忘れしただけです!!
    ──それで、チーム名が“桜畑”なんじゃ……(笑)。まず、お二人とも柔道経験者なんですよね。
    高橋&佐藤 はい。
    ──柔道を始めたきっかけが、高橋選手は「近所に道場があったので」ということですが、いつ頃からやってたんですか?
    高橋 小3です。……いえ、小4ですね。小4から小6までですね。
    ──えっ、それだけ?
    高橋 いえ、あと高校時代もやってました。
    ──中学時代は何をやってたんですか?
    高橋 中学のときは卓球部に入ってました。ほとんどやってないんですけど。
    ──幽霊部員ですか。それで、何で高校に入ってまた柔道をやろうと思ったんですか?
    photo高橋 じつはですね、僕は高校入学のときに親の転勤で埼玉から仙台に引っ越しちゃったので、まったく友達がいなかったんですよ。
    ──友達がいないんなら、むしろ団体競技の方がいいんじゃないですか?(笑)。
    高橋 いや! みんながなんか敵みたいな感じだったんですよ!
    ──あ、学園中が敵でしたか(笑)。
    高橋 ええ! いつも「なんだ、あの関東人!」みたいな感じで見られてましたから。
    ──関東人は敵視されますか(笑)。じゃあ柔道部を選んだのは、自分の身を守る術を身に付けようと?
    高橋 いえ、そこまでじゃないですけど、家に帰ってもやることがなかったですから。いろいろ部活動を見回ってですね、球技は苦手なんで「じゃあもう柔道部でいいか」と。小学校のときにやってたし、中学のときにテレビで『PRIDE』を観たっていうこともあって格闘技系に興味があって……。
    ──高校時代の柔道の成績というのは?
    高橋 いえ、全然たいしたことです!
    ──どれくらい、たいしたことないんですか?(笑)。
    高橋 県で3位くらいです。
    ──たいしたもんじゃないですか。宮城県は柔道のレベルはどうなんですか?
    佐藤 まあまあ、ボチボチのレベルですね。
    ──あ、佐藤選手いきなり入ってきますね(笑)。けっこう本気で取り組んでました?
    高橋 1年までですね。先輩が抜けてからは、ファミレスの厨房のバイトを始めちゃったんですよ。
    ──さほど本気ではなかった、と。佐藤選手は「小さいころから体が大きかったためにさそわれました」とのことですが、誰に誘われたんですか?
    佐藤 母親が「同級生のお友達もやってるみたいだから、やってみたら?」みたいな。小2くらいのときですね。
    ──お母さんに勧められたんですね。それで高校まで柔道をやってたそうですが、高校時代の成績はどうでしたか?
    佐藤 秋田県内では1位で、あと東北でも1位ですね。インターハイがベスト16くらいで。
    ──あ、凄いですね。あと相撲の経験も5年と伺ってますが、これはいつですか?
    佐藤 いや、小5から中3までです。柔道やりながらですけど。柔道部の人に「相撲も出てみな」って言われて出たら勝っちゃいまして。
    ──そっちはどうだったんですか?
    佐藤 相撲も中学のときに秋田で1位ですね。
    ──凄いですねぇ。今後はホント、僕なんかにはタメ口でいいですから(笑)。それで格闘家になろうと思ったきっかけが、高橋選手が「闘いたかったので」ということで。
    高橋 ええ。正直、働きたくなかったので……。だからオートレーサーになるか、格闘技をやるか悩みましたね。
    ──どっちも過酷なお仕事だと思いますけど(笑)。悩んだのはいつぐらい?
    高橋 高3です。でも、調べたらオートレーサーは僕じゃ受かんないってのがわかったんですよ。オートレーサーの試験って頭の試験もやるんですね。筆記で英語や国語、数学とかが普通にあるらしくて。「筆記はキツいかな」と思いまして、格闘家になりました。
    ──はい、そうですかとして言えませんが(笑)、佐藤選手は「中学3年のときに桜庭さんとホイスの試合を見て感動したから」ということですが、一回目の桜庭vsホイス戦のときにまだ中3だったっていうのがさすが次世代のヒーローですね。
    佐藤 はい。もともとプロレスが好きで、それから異種格闘技戦を見まして。
    ──異種格闘技っていうのは、どのあたりの試合?
    佐藤 橋本真也vsトニー・ホームとか、あとドン・フライが出てきたあたりですね。僕、双子なんですけど兄がプロレスラーなんですよ。
    ──あれ? どなたでしたっけ?
    佐藤 エルドラドの豪っていう選手なんですけど。兄貴がプロレスが好きで、僕は格闘技の方が好きになっていって。
    ──あっ、そういえばご兄弟だって聞いた記憶がありますよ。桜庭vsホイス戦を観て、感動しただけでなく「自分もやろう」と思ったのはなぜですか?
    佐藤 桜庭さんが秋田出身だっていうのを知って、「こんな凄い人が秋田にいたんだな」って。僕も同じ総合のリングに立ってみたいと思いましたね。
    ──ちょっと身近に感じられたってことですかね。それでは次いきます。得意技が……、高橋選手は何ですか、これ?  汚くて読めないんですが(笑)。「桜庭さんのヒザげりを受ける」ですか? 
    photo高橋 そうです。あとは試合でグラウンドで下になって何もできないっていうのが得意ですね(笑)。
    ──相手にとっては嬉しい得意技ですね(笑)。判定負けが多いんでしたっけ?
    高橋 多いですね。ガチガチに固められて上からチャンチャンって細かいパンチで殴られてっていう……。
    ──そういうときって何を考えてるんですか?(笑)。ガチガチに固められて特に攻撃をされてこないとき。
    高橋 もうイライラしていますね。僕らのまわりにはいないんですよ、そういう闘い方をする人って。そんな闘い方をしてたら桜庭さんに怒られちゃうんで。いつもイライラしちゃうんですよね、「俺、こんなんで負けるのかな……」って(笑)。
    ──どうすることもできない自分にもイラつきますか。そんな試合、面白くないですよねぇ。
    高橋 面白くないです! でも、そういう人が多いんで。いま、そういう人に勝てるように考えて練習してます(笑)。
    ──ま、自己責任ということでがんばってください(笑)。佐藤さんは得意技が「ねわざ」(原文ママ)。
    佐藤 打撃とかとくらべてどっちかというとって感じなんですけど。僕、こめかみに(パンチを)もらうと一発で倒れちゃうんですよ。
    ──そういえば昔、『DEEP』の試合で立ったまま失神したという伝説を残してるんですよね?
    佐藤 それもこめかみですよ(笑)。うしろからポカっとこめかみを殴られたら効いちゃって。そのままロープにダラ〜って。
    ──こめかみがスイッチなんですかね?
    佐藤 なんかあるんでしょうね。とりあえず一発もらったらイッちゃうみたいな。
    ──それで、すぐに寝技に持っていきたいと(笑)。
    佐藤 コメカミに食らうのが嫌だからですね(笑)。
    高橋 シーザージムの土井(広之)さんっているじゃないですか? あの人がその試合の映像を観て「いままで見た失神のなかで一番ヒドい!!」って言ってました(笑)。会場からも聞いたことのない種類の悲鳴があがったそうですから(笑)。
    ──アハハハハ!! 見たいなぁ、それ。
    佐藤 …………。

    「好きな言葉は……、百戦●●!!」(佐藤)

    photo ──はい、つぎいきます。好きな言葉ですが、高橋選手が「テキトー」と。あれ? でも短所のところにも「テキトー」になってますよ。ホントにテキトーですね(笑)。
    高橋 まぁ、適度にテキトーというか(笑)。テキトーすぎてもいけないと思いますんで。
    ──佐藤選手の好きな言葉が「百戦練ま」(原文ママ)。もしかして「百戦錬磨」のことですかね。これじゃ、「百戦ねりま」ですよ(笑)。
    佐藤 あっ……、柔道時代、黒帯に刺繍で入れてたほど好きな言葉なのに間違えました……。
    ──もしかしてお住まいは練馬ですか?
    佐藤 いえ、板橋です!
    ──そして、格闘家としての夢・目標が高橋選手が「闘うだけで食べていける」と。いま、バイトをしてるんですか?
    高橋 週2回なんですけど、銀行の警備員のバイトをしてます。
    ──佐藤選手は?
    佐藤 僕もしてます。クラブのセキュリティーをやってます。
    ──あ、こちらは夜の警備ですか。トラブル多そうですね。
    佐藤 そうですねぇ。やっぱり面倒なことが多いですね。
    ──あとでお店の場所教えてください。今度「百戦練馬〜っ!」って野次りに行きますから(笑)。で、「あなたによって桜庭和志とは?」。高橋選手が「良くイジメられる良い先パイです」(原文ママ)ですか。
    高橋 つねにヘコまされますね。まぁ、よくバイクで交通違反をしちゃったりするので僕がダメなんですけど……。また、そういうのをたまたま見られたりしちゃうんですよ。
    ──桜庭さんに違反現場を見られちゃうんですか(笑)。たとえばどこで?
    高橋 環七でとか。一時停止をし忘れてキップを切られているところをなぜか桜庭さんが通りかかるんですよ(笑)。あと、こないだもグアムで桜庭さんを乗せたクルマを運転中ぶつけちゃいましたし。
    ──それ、聞きましたよ。ブラジルでもやってるんでしょ?
    photo高橋 でも、人生でその二回しかぶつけたことないんですよ! なぜか、いつも桜庭さんの前でしくじっちゃうんですよねぇ……。
    ──そして「チーム桜畑の魅力は?」という質問ですが、高橋選手が「和気あいあい」と。
    高橋 練習もプライベートもそうですね。変な歪みがないというか。桜庭さん自体が楽しくしようとされるタイプなんで、みんなで楽しく一生懸命やってます。
    ──で、佐藤さんが「練習を楽しくできる事。おもしろい試合をする」とありますが、やっぱり楽しいですか。面白い試合をするっていうのはチームのモットーなんですね。桜庭さんからはよく「つまんない試合をして勝つよりは、面白い試合をして負けろ」って言われるみたいですね?
    佐藤 はい。それをよく言われますね。
    ──でも、いまはまだそれを実践できてるかといえば。
    高橋 できてないですね!
    ──力強い答えですねぇ。アンケートのほかの答えは別コーナー参照ということで、最後に今回オープニングファイトながら『HERO'S』に揃って出場となりましたが、やっぱりいつもとはモチベーションが違いますか?
    高橋 そうですね。やっぱりここで勝つのと負けるのとでは全然違うと思んで。それこそ、やっぱりただ勝つだけじゃなくて、いい試合をして勝てればいいなと思います。練習のときの気持ちでやれたらいいですね。
    佐藤 僕もそうですね。せっかく、こんないいチャンスをもらったんで。『HERO'S』は目標としていたリングだったので、こんなに早く上がれるとは思ってなかったです。今回いい試合をしたらまたつぎに繋がるんでがんばりたいです。
    高橋 ホント、面白い試合がしたいです。それだけです。
    佐藤 僕も面白い試合をするので、応援よろしくお願いします。
    ──はい。ヒーローになるとき、それはいま!! がんばってください!
    photo

     
      
    footer_mark