saku39.com
Diary
special
biography
goods
photo gallery
information
dot
archive
  • PROFILE
  • Q&A
  • HISTORY
  • photo gallery
        
     
    1969年 0歳 秋田県南秋田郡昭和町に生まれる
    1985年 16歳 秋田市立秋田商業高等学校に入学!
    1988年 19歳 中央大学商学部に入学! 
    レスリング部に所属し、主将を務める。
    1992年 23歳 7月、UWFインターナショナルへ入団!
    1993年 24歳 8月13日、スティーブ・ネルソン戦でデビュー!(ダブルリストロックで敗れる)
    1996年 27歳 12月、所属していたUWFインターナショナルが解散!
    1997年 28歳 キングダムに移籍。12月21日、横浜アリーナで開催された『UFC-J』ヘビー級トーナメントに出場し、見事に優勝! この時のマイクで、あの「プロレスラーはホントは強いんです」という名言を残し、“プロレス界の救世主”と呼ばれる。
    1998年 29歳 3月15日、高田道場へ移籍後初となるヴァーノン“タイガー”ホワイト戦で勝利(腕ひしぎ十字固め)。
    1999年 30歳 ビクトー、ブラガ、マシアスといった世界の強豪を次々と撃破! 11月23日、初の“グレイシー狩り”となるホイラー・グレイシー戦で勝利した桜庭は試合後、「次はお兄さん(ヒクソンのこと)、ぼくと勝負してください」と衝撃のマイクパフォーマンス。
    2000年 31歳 5月1日、ホイス・グレイシーと90分間にわたる死闘を繰り広げ、TKO勝ちを収める。この激闘は今でも伝説として語り継がれており、世界中に“サクラバ”の名を広めるきっかけにもなった。また、8月27日にはヘンゾ・グレイシーを、そして12月23日にはハイアン・グレイシーをも破り、“グレイシー・ハンター”の名をほしいままにする。
    2001年 32歳 3月25日のヴァンダレイ・シウバ戦でまさかのレフェリーストップ負けを喫し、ファン&関係者に大きな衝撃が走る。7月29日のクイントン“ランペイジ”ジャクソン戦に一本勝ちするも、11月に再戦したヴァンダレイにまたも敗退し、左肩を肩鎖関節脱臼してしまう。
    2002年 33歳 左肩のケガからも回復し、8月28日に国立競技場で行なわれた第一回『Dynamite!』でダイナマイト・カムバック! ミルコ・クロコップと歴史に残る名勝負を繰り広げる。
    2003年 34歳 8月10日、ヴァンダレイ・シウバに悔しい三度目の敗北。11月9日、ケビン・ランデルマンに一本勝ち。
    2004年 35歳 6月20日、2度目のニーノ“エルビス”シェンブリ戦でリベンジ達成。
    2005年 36歳 10月のケン・シャムロック戦でKO勝ち、大晦日の美濃輪育久戦でTKO勝ちを挙げる。
    2006年 37歳 5・3『HERO'S』のリング上に謎のマスクマン姿で登場し、「どうも、タイガーマスクです」と満員のファンへ向けてマイクアピール! 翌日の会見で正式参戦を表明し、8月5日にケスタティス・スミルノヴァス戦で『HERO'S』デビュー。死闘の末に執念の腕十字を極めて勝利を飾る。大晦日『Dynamite!!』では秋山成勲と対戦し、TKO負けが宣告されるも、後日、裁定はノーコンテストとなる。
    2007年 38歳 3月のHERO'S名古屋大会ではユーリー“プレイボーイ”キセリオを相手に腕ひしぎ葬。6月の『Dynamite!! USA』ではホイス・グレイシーに判定で敗れたものの、9月のHERO'S横浜大会での柴田勝頼戦、12月の『Dynamite!!』では船木誠勝戦に快勝。完全復活をアピール!!
    2008年 39歳 3月より旗揚げしたDREAMに参戦し、DREAMミドル級グランプリ2008にエントリー。1回戦のアンドリュース・ナカハラ戦に勝利するが、2回戦のメルヴィン・マヌーフ戦で敗退。大晦日『Dynamite!!』では田村潔司との因縁の対決に臨むも惜しくも判定負けを喫する。
    2009年 40歳  
       
       
    footer_mark